よく噛める、美しい歯を取り戻すインプラント

当院のインプラントは、世界シェアトップクラスの「ストローマンインプラント」を採用しています。

ストローマンパートナーズ認定医院のインプラント治療

インプラントは、歯周病や虫歯で失った歯を人工的な歯の根となるインプラントを顎の骨に埋め込み、その上にセラミックなどで作られた人工の歯を装着する治療方法です。失った歯を自然な見た目で補うだけでなく、天然の歯に近い噛む力を回復させることもできます。また、インプラントは周囲の歯に負担をかけず、顎の骨を刺激して骨量を維持する助けとなるため、口腔の健康を保つのにも役立ちます。

当院では、世界シェアトップクラスの「Straumann(ストローマン)」のインプラントを採用しています。また、インプラントと骨との結合度を「ISQ値」という数値で客観的に評価することができる機器を導入するなど、ストローマンパートナーズ認定医院として、安全なインプラント治療のための設備を整えております。

ストローマンとは

Straumann(ストローマン)は、スイスのバーゼルを本拠地とし、インプラント歯科学、修復歯科学、口腔組織再生の領域のグローバルリーダーです。

ストローマンインプラントは、世界70ヶ国以上、患者数500万人以上の治療に使用されています。ストローマン製品の高い品質と信頼性は、長期治療成績によって裏付けられており、世界で信頼されるインプラントブランドです。

インプラントは、生体適合性にすぐれ身体に馴染みやすい材質でつくられているので、合併症やアレルギーを起こしにくいとされています。

長期安定と安全なインプラント治療のための取組み

取組み①

歯科用CT

歯科用CTにより精密な診査・診断を行うことができます。平面的なレントゲン画像だけでは分からない、顎の骨量や血管、神経の位置などを確認します。

親知らずの抜歯や、歯の根の治療、インプラントなどの精密な検査・処置が求められる治療には欠かせません。

取組み②

ストローマンインプラント

世界シェアトップクラスの「Straumann(ストローマン)」のインプラントを採用しています。

  • 顎の骨との結合が早く、日本人の顎にも適した形状
  • 生体親和性が高く、金属アレルギーの心配がほぼない
  • 精密技術の高さと徹底された品質管理
  • 科学的根拠(エビデンス)に基づいた信頼性の高いインプラント
  • 世界シェアトップクラス、多くの歯科医院でアフターケアが可能
取組み③

コンピュータガイデッドサージェリー

専用のソフトウェアを用いて、コンピュータ上でインプラント治療を計画した後、患者様専用のマウスピース型の手術指標(ガイド)を作製し、インプラント手術を行います。計画通りの位置にインプラントを埋入することができ、より安全で正確な治療を行うことができます。また、ガイドを使用することで、歯茎を大きく切開したり、骨を必要以上に削る必要がないため、一般的な手術方法よりも治療後の腫れや痛み、出血をなくすことができます。

取組み④

ISQ(インプラント安定指数)測定器

インプラントが骨に結合する進み具合は人によって異なり、経験や感覚に頼って治療が進められるケースが多くあります。ISQ(インプラント安定指数)測定器を使用することで、より確実に治療の進捗を判断することができます。

  • インプラント体と骨の結合度を数値によるデータで表せる
  • 客観的なデータにより、治療タイミングを的確に判断できる
  • 安定した数値が出れば、治療期間の短縮が可能になる
取組み⑤

院内ラボ(技工室)併設

当院は院内に技工室を併設しています。

歯科医師および院内ラボの歯科技工士がチームとなってCTデータを共有し、コンピュータ上で手術から人工歯装着までの治療計画を立てます。人工歯の形態、インプラントを埋め込む位置・角度・深さなどを計画しています。

インプラントと入れ歯やブリッジの違い

歯を失ったときに口腔機能を補う治療の選択肢として、インプラント、ブリッジ、入れ歯があります。治療方法ごとの利点や欠点、治療後のことについてしっかりと説明いたしますので、ご自身に合ったものを選択しましょう。

治療方法 インプラント ブリッジ 入れ歯
治療イメージ
噛み心地・噛む力 天然の歯と同じようにしっかり噛めます。 天然の歯に比べると噛む力は劣りますが、噛み心地はあまり変わらないでしょう。 噛む力は弱くなります。また、噛みにくい食べものもあります。
口内での違和感 違和感はほとんどありません。 違和感はほとんどありません。 お口にフィットしない、外れやすいなどの違和感がある方もいます。
周りの歯への負担 人工の歯根で独立しているため、周りの歯に負担はかかりません。 他の歯を削って土台にするため、周りの歯に負担がかかります。 部分入れ歯の場合、周りの歯に金具をかけて固定するため、負担がかかります。
治療の寿命 セルフケアとメンテナンス次第で長く使用できます。 平均寿命は7〜8年といわれています。 平均寿命は3〜5年くらいといわれています。
費用・保険適用 自由診療となり、費用は全額自己負担になります。インプラントは医療費控除の対象になります。 ほとんどのケースで保険が適用されます。金属を使用しない白いセラミックなど自由診療を選択することもできます。 プラスチックの入れ歯は保険が適用されます。素材や使い心地にこだわった自由診療の入れ歯の製作も可能です。

インプラント治療の流れ

  • STEP.01検査と治療計画
    インプラント治療が可能かどうか、歯科用CTを用いて顎の骨の密度や量の検査を行います。検査結果をもとに治療計画をご提案いたします。
    • インプラントは外科手術を行います。服用されているお薬に出血が止まりにくい薬がないかなど、全身状態を確認します。
    • 顎の骨の密度や量の検査を行います。歯の型取りや、むし歯や歯周病のチェック、レントゲンや歯科用CTの撮影をします。
  • STEP.02初期治療
    インプラントを埋め込む前に、むし歯や歯周病の治療を行います。口腔内が清潔な状態になってから手術を行います。
  • STEP.03インプラント体の埋入
    手術は局所麻酔で行います。 歯ぐきを開き、インプラントを埋め込む穴を開けます。治療を行った場所にもよりますが、人工歯根と骨が結合するまで2~3ヶ月ほどかかります。前歯のインプラントの場合など、手術した日に仮歯が入る処置(抜歯即時埋入負荷)も行っております。※骨が柔らかい場合などは、手術を2回に分けて行うケースもあります。
  • STEP.04歯の型取り
    人工歯の製作のために、歯の型取りを行います。
  • STEP.05人工歯の装着
    患者様のご希望の素材で製作した人工歯を取り付けます。かみ合わせを整えて調整された仮歯をもとに、精密に製作された人工歯をアバットメントに装着して、インプラント治療は終了です。
  • STEP.06メンテナンス
    インプラント自体は虫歯にはなりませんが、歯周病のようなインプラント周囲炎には十分注意しましょう。インプラントを長持ちさせるためにも、しっかり歯磨きを行い、メンテナンスを受けに定期検診に通うようにしてください。

インプラント料金

項目 価格
CT・ステント 10,000円(税込価格 11,000円)
一次手術・フィクスチャー埋入(保証期間:フィクスチャー10年) 240,000円(税込価格 264,000円)/1本
二次手術(必要な場合のみ) 20,000円(税込価格 22,000円)
精密印象 20,000円(税込価格 22,000円)/1本
上部構造(保証期間:5年間) 150,000円(税込価格 165,000円)/1本
骨造成手術(材料費込み) 70,000円(税込価格 77,000円)
上顎同挙上術(材料費込み) 50,000円(税込価格 55,000円)
TeC(2本まで) 30,000円(税込価格 33,000円)
TeC(3本〜) 50,000円(税込価格 55,000円)

インプラントを含む自由診療(保険適用外)料金のお支払い方法は、現金、クレジットカード(VISA・Mastercard・JCB・American Express・Diners Club)、デンタルローン(JACCS)の中からご選択いただけます。詳しくは当院受付にご相談ください。